お知らせ

サイン・コサイン・タンジェント

まるです。

皆様は、サイン・コサイン・タンジェントを高校1年生の時に習ったのを覚えていますか?

sinθ cosθ  tanθ

と書きますね。

 

私は、「習った」という事は覚えていて、

その時に先生が生徒の誰を指名して、生徒が何と答えたかまで覚えているのです。

そして、クラス全員で一笑いしたのも覚えているのに、

サイン・コサイン・タンジェントが一体何なのかは全く覚えていません。

 

そういうものなんですよね。

そして、最近になって「サイン・コサイン・タンジェント」を理解していないと解けない問題があり、また勉強し直しています。

インターネットで「サイン・コサイン・タンジェント」について調べました。

そもそもこれは何で、何を求める物なのか。

IMG_1719

とても便利な時代で、今はyoutubeで解説している動画がたくさん出てきます。

知恵袋やブログなどで解説している人も多数。

おかげで少し理解出来ました。これらは「測量の時に」使うそうです。

私は日射量の計算問題で使います。

 

私が学生の頃は、わからない事はすぐ先生に聞いていました。

すぐに答えが返ってくるものの、「問題から答えまで」のプロセスを省略しているから、

答えを聞いてもスッと入ってこない物が多かった気がします。

 

今はすぐに答えを教えてくれる人が身近に居ないというのもあり、

「まず自分で調べる」というスタンスになりました。

そのおかげで、たくさんの人が解説している中で、

自分が一番理解できる解説を自分で選ぶ事が出来ます。

だから理解できるし、探偵になった気分で、答えにたどり着くまでにワクワクします。

 

 

 

中学生の頃、みんなで一緒に覚えた語呂合わせも、また役に立っています。

IMG_1720

(厳密には=ではなく≒ですね。)

 

資料請求

PAGE TOP